看護師の三姉妹育児

三姉妹を育てる看護師です。ひどい乳児湿疹や食物アレルギー、繰り返す熱性けいれんなど育児の大変さを痛感!これまでの経験談や看護師の知識をふまえ、子育ての悩みや育児に役立つ情報を書けたらいいなと思います。

ひどい乳児湿疹にステロイドへの不安

乳児湿疹とは、生まれてから1~2ヶ月くらいするとホルモンの影響で赤ちゃんの顔や耳にブツブツの湿疹が出ることがあります。
だいたいの子は生後2~3ヶ月くらいで落ち着いてくることが多いです。

長女も2ヶ月頃からブツブツや黄色いかさぶたが出るようになり、小児科で入浴時に石鹸でよく洗えばすぐ良くなるよと言われました。

ですが1ヶ月たっても2ヶ月たっても一向に良くなりません。
改善するどころか、日に日に赤みが増し、顔や体がジュクジュクと悪化していったのです。

小児科をやめ皮膚科に行くとキンダベートが処方されました。
赤ちゃんの顔にも使える弱いステロイドです。医師からは、数日塗って良くなったらワセリンのプロペトに変えるように言われました。

キンダベートを塗ると翌日には目に見えて良くなり3日目にはすべすべ肌になりました。
しかし、プロペトに変えると翌日にはポツンとまた赤い湿疹が現れ、みるみるうちにまたジュクジュクとしてくるのです。

色々な小児科や皮膚科に通うも処方は同じでした。

看護師の私はステロイドを生後間もない娘に毎日使い続けることに不安がありました。
不安でネット検索をすると、跡が残る、一生ステロイドがないといけなくなる。など、恐ろしい情報にあふれていました。

すでにステロイドを毎日塗り続け、生後半年近くになった娘。
私はネットの情報を信じ、薬をやめてしまったのです。

ステロイドをやめるとすぐに汁が出るほど真っ赤にただれていきました。掻くと一気に悪化するので、痒くて触ろうとする娘の手を制止し、抱っこするたび私の服に顔をこすりつける娘に苛立ち、そんな娘が可哀想で一緒に何度も泣きました。

友達の赤ちゃんも、外で見かける赤ちゃんも皆きれいなすべすべの肌をしていました。

スーパーで買い物をしていると、すれ違う人に可哀想だと言われ、「お母さん、ちゃんとみてあげて!」とも言われました。

外出するのも友達に会うのも嫌になり、必要な時以外は娘と二人家にこもり、落ち込みふさぎこんでいきました。

しかし、こんな状態が良いわけがない!!
娘の肌を見た親友がアトピーで通う皮膚科を紹介してくれました。

その先生は私の不安に思っていることを全て聞き、ひとつひとつきちんと答えてくれました。

ステロイドは、きちんと強さに応じたものを使えば何も怖くない。
軽い湿疹に強いステロイドを使うのはもちろん良くないし、逆にひどい湿疹に弱いステロイドを使っても効果はない。

薬を使わず、肌がただれている方が化膿するリスクがあり絶対に良くないよと言われました。

乳児湿疹は長い子は一歳をすぎても続くこともある。この子は一歳頃には必ず治るよと。

それから乳児湿疹が長く続く子はアレルギー体質のことが多いから、離乳食は薬が効いて肌が落ち着いてから始めるようにとも言われました。

先生の言葉に心から納得し、ステロイドできれいな肌になった娘は笑顔が増え、私も気持ちが軽く穏やかになりました。

そして一歳になる頃、少しずつステロイドを塗る日が1日、2日と間隔があくようになり、本当にワセリンだけできれいな肌をキープできるようになったのです。

あの時ネットのあらゆる情報に翻弄され、娘にはつらい思いをさせてしまいました。

今乳児湿疹で悩み、ステロイドを使うか迷っている方、その気持ちすごくわかります。

どのような選択をするにしても、私のようにネットの情報だけに翻弄されず、きちんと医師と話して納得されて決められるのをおすすめしたいです。

娘は約1年ステロイドを顔や体に塗りましたが、後遺症や跡などもなく、きれいな肌をしています。

ちなみに先生に言われアレルギー検査をすると乳アレルギーと卵アレルギーでした。

現在は肌の荒れが食物アレルギーの要因となると言われています。生まれてすぐからの保湿が大切だそうです。

卵アレルギーは7歳になった今も続いています。食物アレルギーについてはまた別の記事で書きたいと思います。

長くなりましたが、乳児湿疹は本当につらい。
でもきっときっと、良くなりますよ。