看護師の三姉妹育児

三姉妹を育てる看護師です。ひどい乳児湿疹や食物アレルギー、繰り返す熱性けいれんなど育児の大変さを痛感!これまでの経験談や看護師の知識をふまえ、子育ての悩みや育児に役立つ情報を書けたらいいなと思います。

咳がつらい! 薬を使わない対処法

咳が出ていて止まりません。

こどもではなく私なのですが…

私が風邪をひくということは、こどもたちにうつしてしまう可能性大です。

なのでほんとになりたくない!

なのになってしまいました…


咳ってしんどいですよね。昼夜問わずなので体力も使うし、親がなると料理や家事をするにも気をつかう。
マスクをして頻繁に手洗いしているおかげで、手がボロボロです…痛い💦

代わってくれる人がいれば良いけど、自分しかいないっていう方多いんじゃないでしょうか。

特にこれから年末年始で病院は休みに入りますので、大人もこどもも自宅でできる対応についてお話します。


のどの傷みや咳にはとにかく室内の乾燥を防ぐのが大事です。

加湿して湿度60%をきらないようにすると、症状を和らげる効果と、痰も出しやすくなります。

ウィルスは乾燥している環境で活性化しやすいため周りの家族への予防にもつながります。

薬を使いたくなかったり、妊娠、授乳中などで飲めない場合にもぜひ試してほしいもの

ずばり「はちみつ大根」 です。

聞いたことある方多いと思いますが
最初私も疑ってたのですが、ほんとに次の日すごく楽になったので驚きました。

私の作り方は、大根をいちょう切りにしてタッパーに入れ、その上にはちみつをひたひたに入れます。

そのまま3時間ほど冷蔵庫で放置すれば完成です!

そして完成した汁をスプーン1,2杯飲むだけです。


大根には炎症を抑える作用と殺菌作用にくわえて、痛みを和らげる効果があります。

そしてはちみつにも強力な炎症、殺菌作用があるため、この二つが合わさることで、のどの傷みや咳に即効力があるんですね。


甘いのでこどもも飲みやすいです。

ただし、ハチミツは1歳を過ぎてからが原則です。
1歳未満の子にはあげないでくださいね。

1 歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによっ乳児ボツリヌス症にかかることがあります。

1歳未満の赤ちゃんにハチミツやハチミツ入りの飲料やお菓子などは与えないようにしましょう。



年末年始にかけ、どうしても帰省したり外出することが増えますね。

人混みの中に行くとなると、インフルエンザも猛威を奮ってますので対策について再度確認しておきましょう。
RSウィルスも乳児にとっては重症になりやすく避けたいものです。


インフルエンザとRSについてもまとめてある記事がありますので、ぜひこちらも目を通しておいてください。


年末年始を健康に過ごせるようにお互い気をつけていきましょうね。



関連
www.sanshimaimama.com

www.sanshimaimama.com